知財検定の難易度ってどれくらい?試験制度や受験資格などもご紹介

試験のスケジュールのイメージ

知財関連の仕事をしていると、「知財検定」という言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

知財検定は、正式名称は「知的財産管理技能士検定」で、れっきとした国家資格

企業によっては知財検定の受験を奨励しているところもあると聞きます。

私も過去に受験したことがあり、知的財産管理技能士2級と1級(特許専門業務)の資格を取得しました。

 

この記事では、主に知財検定(知的財産管理技能士検定)の試験制度や難易度などをご紹介します!

 

なお、知的財産管理技能士2級と1級特許専門業務の具体的な勉強法については、それぞれ下記の記事をご参照ください。

 

知財検定(知的財産管理技能士検定)ってどんな試験?

知財検定では、試験において、主に特許等の知的財産の実務で使われる知識が問われます。

その試験概要を解説します。

 

1級、2級、3級に分かれている

知財検定は、1級、2級、3級と難易度別に分かれており、

  • 3級: 初級(知的財産管理に関する業務上の課題を発見し、大企業においては知的財産管理の技能及び知識を有 する上司の指導の下で、又、中小・ベンチャー企業においては外部専門家等と連携して、その課 題を解決することができる技能及びこれに関する初歩的な知識の程度)
  • 2級: 中級(知的財産管理に関する業務上の 課題を発見し、大企業においては知的財産管理の技能及び知識を有する上司の指導の下で、又、中小・ベンチャー企業におい ては外部専門家等と連携して、その課題を解決でき、一部は自律的に解決できる技能及びこれに関する基本的な知識の程度)
  • 1級: 上級(知的財産管理に関する業務上の課題の発見と解決を主導することができる技能及びこれに関する専門的な知識の程度)

となっています。(知的財産管理技能検定のオフィシャルサイトより一部引用)

なお、1級はさらに細分化されており、

  •  特許専門業務
  • コンテンツ専門業務
  • ブランド専門業務

の3つの専門分野に分かれています。

 

試験方式

知財検定の2級試験、3級試験は、

  • 学科試験:マークシート択一式
  • 実技試験:記述方式

に分かれており、いずれも筆記試験です。

一方、1級試験は、

  • 学科試験:マークシート択一式
  • 実技試験:筆記試験と口頭試問

となっており、実技試験において口頭試問(面接のようなかたち)が行われます

 

知財検定に受験資格はいるの?

知財検定の受験資格は、等級や学科or実技によって異なります。

以下に、主要な受験資格の条件を挙げておきます。(全部ではないので悪しからず・・・)

知財検定3級

受験資格なし

知財検定2級(学科・実技共通)
  • 知的財産に関する業務について2年以上の実務経験を有する者
  • 3級技能検定の合格者(ただし、合格日が前々年度まで)
  • ビジネス著作権検定上級の合格者(ただし、合格日が前々年度まで)
知財検定1級(学科試験)
  • 知的財産に関する業務について4年以上の実務経験を有する者
  • 2級技能検定の合格者(ただし、合格日が前々年度まで)で、知的財産に関する業務について1年以上の実務経験を有する者
  • 3級技能検定の合格者(ただし、合格日が前々年度まで)で、知的財産に関する業務について2年以上の実務経験を有する者
知財検定1級(実技試験、特許専門業務)
  • 1級技能検定(特許専門業務)学科試験の合格者(ただし、合格日が前々年度まで)
  • 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
  • 一級知的財産管理技能士(ブランド専門業務)

詳細な受験資格については、下記をご参照ください。

受検資格(知的財産管理技能検定のオフィシャルサイト)

 

基本的に、3級以外は、知財の実務者を対象にしていることがうかがえますね。

 

試験日程や実施地区

知財検定は年に3回実施されています。(例年、3月、7月、11月に実施)

試験の実施地区は、東京をはじめ、全国各地の主要な県で行われます。

なお、1級の実技試験は東京のみで行われます。

スケジュールは以下をご確認ください。

年間実施予定(知的財産管理技能検定のオフィシャルサイト)



知財検定の難易度(合格率)は?

1級〜3級の難易度はそれぞれどれくらいなのでしょうか?

知財検定の過去の統計データから、それぞれの難易度や合格率を解説します。

 

知財検定3級の難易度

3級の試験は、

  • 学科試験:マークシート択一式(30問を45分で解答)
  • 実技試験:記述方式(30問を45分で解答)

のそれぞれについて、満点の70%以上で合格となります。

 

知財検定3級の合格率の推移は以下の通り。

知財検定3級合格率

実施回によってばらつきがありますが、学科試験が60%ちょっと、実技試験が70%くらいです。

 

知財検定2級の難易度

2級の試験は、

  • 学科試験:マークシート択一式(40問を60分で解答)
  • 実技試験:記述方式(40問を60分で解答)

のそれぞれについて、満点の80%以上で合格となります。

合格の基準が2級では8割と、3級よりも高くなっていますね。

 

知財検定の2級の合格率の推移は以下の通り。

知財検定2級合格率

学科試験も実技試験も、だいたい40%前後くらいの合格率になります。

 

知財検定1級の難易度

知財検定は、1級から急激に難易度が高くなります。

1級の学科試験の合格率は、

  • 1級(特許)学科: 8.40%(2018年11月実施)
  • 1級(ブランド)学科: 5.22%(2019年3月実施)
  • 1級(コンテンツ)学科: 9.23%(2018年7月実施)

と、どの専門科目も学科試験は合格率が1桁%・・・。

 

一方、1級の実技試験の合格率は、

  • 1級(特許)実技: 95.35%(2019年3月実施)
  • 1級(ブランド)実技: 36.67%(2018年7月実施)
  • 1級(コンテンツ)実技: 72.97%(2018年11月実施)

となっており、合格率はかなり高いです。

ただし、これには裏があって、そもそも実技試験は学科試験に合格しないと受験できないため、1級の学科試験を突破した猛者たちが受験するのでこの数字です。

やはり、実技試験も難しい試験であることにはかわりありません。

 

知財検定1級と弁理士はどっちの難易度が高い?

上で書いたように、知財検定の1級はかなり難易度が高い試験ですが、知財検定1級と弁理士とではどちらが難しいのでしょうか?

 

結論から言うと、実態面を考慮するとやはり弁理士のほうが難しいと言えそうです。

詳しくは、「弁理士と知的財産管理技能士の違い【似て非なるものです】」をご参照ください。

弁理士と知的財産管理技能士のイメージ 弁理士と知的財産管理技能士の違い【似て非なるものです】



知的財産管理技能士になるメリットは?

試験に合格すると知的財産管理技能士になることができます。

では、知的財産管理技能士になるとどういったメリットがあるのでしょうか?

 

昇進や転職で有利になる

正直、弁理士ほどのインパクトはないのですが、知的財産管理技能士の資格があれば、昇進や転職の場面で有利になる可能性があります。

知的財産管理技能士2級の資格があれば、知財実務全般の基本知識が備わっていることの証明になりますので、知財の仕事につきやすくなります。

 

また、知的財産管理技能士1級であれば、知財の専門職として評価されるでしょう。

1級だと、知財実務を何年もやっている人でも合格するのが難しい試験なので、1級が取れれば実務能力の証明になります。

 

知財実務の自己研鑽になる

試験を通じて、知財実務能力の自己研鑽になるというのも大きなポイントです。

特に1級試験になると、出願実務だけでなく、契約、外国の法律など、幅広い知識を身につける必要があります。

普段の業務ではあまり扱わない分野の勉強をすることになるので、確実に実務知識の幅が広がります。

もちろん、今現在の実務の分野であっても、勉強によって知識がより確かなものになり、日常の業務にも活かされます。

 

このように、試験勉強を通じて色んな知識を身につけるといった自己啓発的な使い方もできますね。

 

まとめ

というわけで、知財検定についてまとめると、

  • 知的財産管理技能検定は1級から3級まであり、難易度が異なる
  • 学科試験と実技試験に分かれる
  • 3級試験の合格率は、学科試験が60、実技試験が70%くらい
  • 知的財産管理技能士2級の合格率は、学科試験・実技試験ともに40%前後
  • 知的財産管理技能士1級の合格率は、学科試験は1桁%

というお話でした。

 

なお、知的財産管理技能士2級の勉強法については、「知的財産管理技能士2級の勉強法|テキストや受験体験も紹介します」という記事で詳しく解説していますので、こちらもあわせてご参考に!

2級試験の勉強のイメージ 知的財産管理技能検定2級の勉強法|テキストや受験体験も紹介します

 

また、最上位資格である、知的財産管理技能士1級(特許業務専門)の勉強法については、「知財検定1級(特許専門業務)を目指す!教材集めが合格のカギ」という記事で書いています。

知財検定1級の受験生のイメージ 知財検定1級(特許専門業務)を目指す!教材集めが合格のカギ