グローバル権利行使セミナー

タイトルのとおり、昨日、早稲田大学で行われた「グローバル権利行使セミナー」に行って参りました。

なんかもう、ゲストがすごい人ばかりで且つよりどりみどりで、とにかく豪華なセミナーだったなぁという印象です。
気になる方は下記のリンクから詳細を見てみてください。
http://rclip.jp/reservation/0301reservation.html

しかし、テーマが高尚過ぎたのと、自分の基礎知識が無さすぎたせいで、消化不良に終わってしまいました・・・。

第1部はTRIPS協定やFTA (Free Trade Agreement)に関するもので、当然良くわからず、第2部の標準必須特許 (SEP)の話についても十分には理解できませんでした。
標準の話って業界的にはかなりホットなトピックなんですが、自分は標準は仕事で関わる機会がなかったので、それを言い訳にあまり勉強していませんでした・・・。

まあ、とはいえ、話題となっているトピックを拾えたのは良かったなぁと思っています。
自分的なメモとアクションアイテムとしては・・・、

  • Microsoft v. Motorolaの訴訟でSEP (Standard Essential Patent)におけるFRANDのロイヤルティ設定のガイダンスが提供された。
     ロイヤルティの設定に、Georgia-Pacificファクターを修正して使用。
     →FRANDのロイヤルティ設定について整理しておく
  • Innovatio事件 上記のMicrosoftの判断を踏襲。FRANDのレートについて判断された。
  • 日本でもSEPによる権利行使を制限するか議論あり(知財高裁でパブコメの募集)。
  • クアルコムのSEP, FRANDに関する資料はレビューしておく。

こんなかんじでしょうか。

なんとなくニュースなどで聞きたことがあるトピックではありますが、これを機に自分の中で整理しておきたいと思います。

—————–
以下余談。

あと、タダで参加させてもらっておいて甚だ恐縮なのですが、ちょっともったいないセミナーだったかなぁと感じました。
というのは、すごいスピーカーを色々集めたにもかかわらず、一人ひとりの持ち時間がタイトで結局深い話があまりなかったからです。
あと、もろもろのトピックが詰め込まれ過ぎていて、テーマが何だったのかイマイチ記憶に残りませんでした。

個人的には、第1部と第2部は別日程でやるか片方に絞ったほうが良かったと思います。
(そして、自分の興味的には、第2部だけをもっと長い時間でやって欲しかった。。)

とまあ、そんな所感もありつつですが、セミナーで得た情報はしっかり消化していこうと思います。

2 Comments

ryu

いつも楽しく拝見しています。
私は特許事務所に勤務している弁理士です。
近々、企業知財部へ転職したいなぁと考えています。

私も全く仕事で関わったことがないので、恐縮ですが、私は、国際標準に関して「国際標準化と事業戦略 小川紘一 著」という本を読みました。(最近続編の「オープン&クローズ戦略 日本企業再興の条件」という本が出たようです)

こちらの本が大変面白かったので、もしお時間があれば読んでみて下さい。そして、感想をブログでお願いします。

返信する
umegreat

ryuさん

情報ありがとうございます!

小川先生の本は気にはなっていましたが、まだ読んだことはありませんでした。

情報の鮮度を考えると、新刊の方に心惹かれますが、とにかく小川先生の本は読んで感想を書きたいと思います。

今後とも本ブログをよろしくおねがいします!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください