NPE研究:RPX

公開日: : 最終更新日:2018/06/02 特許実務メモ

ここのところブログに書くネタが思いつかず困っているのですが、新たな企画として、自分が興味のある知財ビジネスについての記事を書こうと思います。

今回は、NPE研究として、NPE(non-practice entity, ここでは、専ら特許使ってビジネスをやる団体という意味合いで使っています。)について情報をまとめてみようと思います!

第1回目は、防御系のパテントアグリゲーターとして知られている、RPXについて。

なお、情報はネットや書籍等から持ってきているので、特に目新しい情報が無いということをご容赦ください・・・。

RPX

概要

・オフィシャルサイト

http://www.rpxcorp.com

・分類

防御系パテントアグリゲーター

・ビジネスモデル

会員からサブスクリプション料(会員費)を徴収。集めた資金で市場に出た特許を買い取ることで、NPEからの訴訟リスクを低減する。

・設立年度

2008年3月

・起源

RPXは、元インテレクチュアル・ベンチャーズのJohn Amster氏(現CEO)やGeoffrey Barker氏らによって設立された。

活動内容

  • RPXの会員は会社規模に応じて、60,000ドルから660万ドルの会費を支払う。
  • RPXは、会員から集めた資金用いて、公開市場からハイリスク特許(トロールに渡るとマズい特許)を買い取る。
  • 会員は、RPXが保有する特許群のライセンスを受けることができる
  • 会員が訴訟を受けた場合はRPXが交渉を行い、問題特許の買収によって訴訟の取り下げを試みる
  • RPXは、2014年から中小企業向けに訴訟保険(RPXIS)を販売している。

その他

  • RPXの顧客としては、日系企業では、ソニー、日立、パナソニック、エプソン等、外国企業では、マイクロソフト、サムスン電子、フィリップス等が挙げられる。
  • RPXアジア(所在地:東京丸の内)の初代代表は、日立出身の山崎寿郎氏。現在は、元セイコーエプソンの知的財産本部副本部長であった出野恭一氏が代表を務める。
  • 2014年6月時点で、RPXは約2000件の特許を買収した。(そして、約1900件の顧客の訴訟を回避したそう)

※情報は随時追加する予定です。

ads

関連記事

知財担当者は提案書にどの程度労力をかけるべきか?

今回は、ちょっと実務的なネタで記事を書こうと思います。 多くの企業では、特許出願をする際には、

記事を読む

特許実務メモ:米国特許の存続期間

備忘録のために。 最近、古い米国特許を調べる機会があり、ふと存続期間が気になりました。

記事を読む

異議申立て制度が復活

特許庁によると、「特許法等の一部を改正する法律案」が5月14日に公布されたそうです。 一部を除いて

記事を読む

特許実務メモ:USクレーム 追加料金がかかるのはどんな場合?

米国の特許出願において、どんなクレームだと追加料金が取られるのか毎度忘れてしまうので、備忘録として書

記事を読む

特許実務メモ:公報発行のタイミングや国内移行情報についてのTips

実務的な細かい内容ですが、備忘録として書いておきます。 今回はトピックが2つあります。 公報

記事を読む

ads

Comment

  1. 虚々実々 より:

    ただいま知人と「知財立国政策」を検証する研究会を始めたところです。特許流通についても調べようと考えており、意見交換させていただけませんでしょうか?詳細、tizaibunositappa@yahoo.co.jpへご連絡させていただきたく存じます。よろしくお願いいたします。

    • umegreat より:

      虚々実々さん

      ご連絡ありがとうございます。お声がけ頂き光栄です。ご連絡お待ちしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ads

no image
知財部に転職するためにはどうすれば良いか?

知財系の仕事は専門職ということもあり、知財業界はわりと転職が盛んな業界

成長するために休むということ〜PEAK PERFORMANCE

また久しぶりの更新になります。 ちょっと前に読んだ本が面白かった

2018年 今年の目標

2018年になり早1ヶ月・・・。 久しぶりの更新になります!

就活中の学生からの質問 その2

就活中の学生からの質問に答えるコーナー、第2回目です! ご質問の

脳が認める勉強法

脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真

→もっと見る

PAGE TOP ↑