知財部員の役割は媒介すること

公開日: : 最終更新日:2016/11/26 特許実務メモ, 知財部1年目の教科書 , ,

最近なんとなく考えたことについて。

会社で知財の仕事をしていると、よく人と人の間に立つことがあります。
典型的なのは、開発者から発明発案を受け、それを特許事務所の弁理士に伝える、みたいな場合でしょう。

だから、知財部員の重要な役割は、人と人、あるいは組織と組織を媒介することだと思うのです。

ただし、媒介するといっても、情報を右から左へと流すだけだと、あまり存在意義がありません。

例を考えてみましょう。

例えば、AさんとBさんが何らかの情報をやりとりをするときに、二人の間にCさんが入って、情報伝達をするとします。
このとき、CさんがAさんの情報をBさんにそのまま伝えるだけでは、情報に何も付加価値がつきません。
むしろ、Cさんが適当に情報を流すことによって、情報が劣化してしまう可能性すらあります。

 

どうやって付加価値をつけるか?

上の例のCさんというのは、もちろん知財部員のことです。

では、媒介者であるCさん(知財部員)が存在意義を発揮するためにはどうすればよいか?
それには、下記のようなやり方があると思います。

情報を「翻訳」する

AさんとBさんの直接の意思疎通が困難な場合に、Aさんが言うことをBさんに翻訳してあげる(あるいはその逆)ができれば、Cさんの付加価値は高まります。

翻訳というのは、べつに外国語を日本語にするに限った話ではなく、例えば、社内用語バリバリの技術説明を部外者にも分かるように解説する、堅苦しい法律論を卑近な例に置き換える、といったことも含みます。

ただし、Cさんが解釈を間違ってしまうと、とたんに情報の価値がなくなったり、混乱が起こったりしてしまいます。

情報を付加する

Aさんが出した情報に対して、なにか有益な情報をさらに加えてBさんに伝えることができれば、Cさんの付加価値は高まります。

例えば、Aさんの発明提案に変形例を付け加える、会社の立場からどのような権利保護の形態が好ましいかを弁理士に伝える、などが考えられます。

ただし、あんまり関係無い情報を付け加えても、ただのノイズになってしまう場合があるので、注意が必要です。

情報の宛先を見つける

そもそもの話で、Aさんが誰に情報を渡すべきなのか(Bさんに相当するのを誰にするか)を、Cさんが適切に決める、というのもCさんの重要な役割になり得ます。

発明提案の技術分野や発明者との相性を考慮して、適切な弁理士をチョイスするというのが代表的な例でしょう。

情報を統合する

複数のソースから情報を集めて、それらを統合して、ひとつの価値のある情報を創り出す、というのも付加価値の付け方だと思います。

例としては、開発者から発明提案を受け付ける一方で、事業部から競合他社の実施状況の情報を集め、それらの情報から有効なクレームや実施例を考える、というのが当てはまります。

 

最後に

よく知財部員というのは、中途半端な仕事だと言われることがあります。

発明を出すのは開発者だし、実際に明細書を書くのは特許事務所の弁理士であることが多い。
知財部員がやることはそれらの間を取り持つだけ。

そんな理由からでしょう。

たしかに自分もそのように思う時がたまにありますが、それならそれで付加価値を出すために工夫しなければならないとも思います。

今回は、知財部員としてどう動くと良いのかについてなんとなく思っていたことをまとめてみました。

誰かの参考にというよりは、自分へのいましめにしたいと思います。

ads

関連記事

サラリーマン

知財部員の一日って?

前職を参考に、大手企業の知財部での一日のモデルを書いてみました。 では、早速ある知財部員の一日を見

記事を読む

出社

知財部ってどんなところ?

最近では、知財に興味を抱く学生の方も多いようですが、知財部ってどういうところなのか、外からはなかなか

記事を読む

US_claim

特許実務メモ:USクレーム 追加料金がかかるのはどんな場合?

米国の特許出願において、どんなクレームだと追加料金が取られるのか毎度忘れてしまうので、備忘録として書

記事を読む

法改正

異議申立て制度が復活

特許庁によると、「特許法等の一部を改正する法律案」が5月14日に公布されたそうです。 一部を除いて

記事を読む

存続期間

特許実務メモ:米国特許の存続期間

備忘録のために。 最近、古い米国特許を調べる機会があり、ふと存続期間が気になりました。

記事を読む

tree

知財部での仕事に必要な資質って?

知財の仕事は一種独特なところがあり、これに合わない人は結構しんどい思いをすることになります。

記事を読む

スクリーンショット 2014-02-08 15.48.08

新企画:知財部1年目の教科書

ブログも一新したということで、新しい企画を始めたいと思います。 題して「知財部1年目の教科書」

記事を読む

keyboard

知財担当者は提案書にどの程度労力をかけるべきか?

今回は、ちょっと実務的なネタで記事を書こうと思います。 多くの企業では、特許出願をする際には、

記事を読む

公報発行

特許実務メモ:公報発行のタイミングや国内移行情報についてのTips

実務的な細かい内容ですが、備忘録として書いておきます。 今回はトピックが2つあります。 公報

記事を読む

ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ads

tree
就活中の学生からの質問 その2

就活中の学生からの質問に答えるコーナー、第2回目です! ご質問の

71YAHkYutSL
脳が認める勉強法

脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真

IMG_5075
2017年 今年の目標

明けましておめでとうございます。 早いもので2017年と

41gwztgnokl
採用基準

採用基準 posted with amazlet at

a0790_001216
弁理士の日 知財業界でホットなもの

どうもお久しぶりです! 今年も弁理士の日の企画ということでドクガ

→もっと見る

PAGE TOP ↑