HSK受験します

最近中国語の勉強を始めたということで、力試しにHSKという試験を受けることにしました。
HSKについていろいろ調べたので、ご紹介したいと思います。

中国語検定とHSKの違い

中国語の語学試験といえば、日本では、どちらかと言うと中国語検定の方がメジャーなイメージがあります。
(実際、私の周りでもHSKよりも中国語検定を受けている人のほうが多い印象)

では、中国語検定とHSKはどういう違いがあるのでしょうか?

簡単に言うと、英検とTOEICの関係に似ていると思います。

つまり、中国語検定は文法やピンイン(中国語の発音記号)の問題が多く、特に上の級になると問題がマニアックになる印象があります。
また、あくまで日本の検定試験なので、日本国内でしか通用しません。

一方、HSKは比較的ビジネスや日常会話で使えるような実用的な内容がメインです。
問題形式もTOEICに似ており、リスニングとリーディングがバランスよくあります。
そして、中国公認の試験なので、国際的に通用する検定試験です。

あと、中国語検定は級の数が小さくなる(1級に近づく)につれて難しくなるのに対し、HSKでは級の数か大きくなるほど難しくなるという違いがあります。
う~ん、紛らわしい(笑)

HSKの内容

HSKは、上でも述べたように、TOEICの中国語版みたいなものをイメージしてもらえれば良いと思います。
リスニング問題では、センテンスを聞いてそれに合致する写真を選択する問題や、会話やアナウンスを聞いてその内容について問う問題などがあります。
リーディングでは、文章の穴埋め問題や、長文を読んで設問に答える問題などがあります。
ただし、TOEICとは違ってHSKでは英作文があり、手書きで漢字を書かなければなりません。
ランクは、1級から6級まであり、6級が一番難しい試験になります。

とりあえず、3級を受けてみた

実は去年の年末にHSKの3級を受験しました。

HSKの公式ページによれば、HSK3級のレベルは以下の様だそうです。

試験の程度
生活・学習・仕事などの場面で基本的なコミュニケーションをとることができ、中国旅行の際にも大部分のことに対応できる。

これを見るとそれなりに高いレベルのようにも思えますが、実際は結構簡単でした。
まず、日本人ならある程度漢字の意味を推測できるため、リーディングは日本語に無い漢字を中心に勉強すれば楽に点数を上げれます。
また、リスニングについても素直な問題が多いので、全体的な会話の意味は分からなくても、何となく正解を選べます(笑)
結論、HSK3級はかなり易しい試験でした。

来月はHSK4級にチャレンジしたいと思います!

知財担当者も中国語が必要になる?

最近は中国における特許出願や知財訴訟件数が急増しており、リスク回避の観点から、中国語の特許文献の重要性が増しています。
もしかしたら、将来は担当者は中国語文献の特許調査をするのが当たり前という時代になってるかも?!

実際、前職でいた会社(大手電機メーカー)でも、中国語ができる人材を育成するために、結構な数の社員を中国に留学させていました。

ただ、上でも述べた通り、日本人は漢字の素養があるので、文章を理解するだけならそれほど苦労しなくてもある程度のレベルまでいけそうです。

英語がある程度できる人は、第3言語として中国語学習を検討してみてもよいのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください