知財で使う英語単語|特許権利化は何て言う?

知財の仕事って英語が必要な場面って結構ありますよね?

外国の代理人との会話でとっさに出てこなかったり・・。

逆に知財業務で使う英単語がわかっていれば、片言でも知財のプロ同士話が通じやすかったりします。

 

というわけで、この記事では、知財業務をやる上で知っておきたい英単語を紹介します!

 

知財で知っておきたい英単語

知財で知っておくと良い英単語について、

  • 基本
  • 出願・権利化
  • 裁判

の場面に分けてご紹介します!

【基本編】知財部を英語で何て言う?

知的財産権 intellectual property rights
特許 patent
実用新案 utility model
意匠 design patent
商標 trademark
著作権 copyright
知的財産部 intellectual property division / intellectual property department
弁理士 patent attorney
特許庁 patent office
特許事務所 patent law firm

【出願・権利化編】特許権利化を英語で何て言う?

 

特許権利化 patent prosecution
特許出願 patent application
審査請求 request for examination
審査官 examiner
拒絶理由通知 office action
意見書 remarks
補正書 amendments
拒絶査定 decision of refusal
特許査定(許可通知) notice of allowance
維持年金 maintenance fee
新規性 novelty
進歩性(非自明性) non-obviousness
発明該当性 patent eligibility
商標登録出願 trademark application
指定商品役務 goods and services
審判請求 appeal
異議申立 opposition

 

【裁判編】原告 / 被告を英語で何て言う?

 

地裁 district court
知財高裁 Intellectual Property High Court (米国ではCAFC: Court of Appeals for the Federal Circuit)
最高裁 Supreme Court
特許訴訟 patent litigation
原告 plaintiff
被告 defendant
裁判官 judge
陪審員 jury

 

挙げればキリがないですが、上記あたりは知っておくと良いですね。

 

知財部ではどれくらい英語力があればいい?

ここからは、おまけ。

 

知財の仕事をしている方なら実感してると思いますが、やはり知財で英語はできるに越したことはないです。

メーカーの知財部なんかだと、海外の子会社に出向するのが出世コースになってたりするんで、英語は出世にも影響します。

転職のおいても、英語力はアピール材料になりますしね。

 

では、どれくらい英語ができればよいのでしょうか?

 

私の感覚としては、TOEIC800点が目安かなと思います。

800点あれば、社内ではそこそこ英語ができる人と見なされるので、海外系の仕事が回ってきやすくなります。

もちろん、知財部の人は英語ができる人が多いんで、高ければ高いに越したことはないのですが・・・。

 

英語をどうやって鍛える?

TOEICの点数を伸ばしたいなら、わりと学習法は定まっています。

やはり日本人の多くはリスニングを苦手にしていると思うので、リスニング力の向上をメインでやれば良いと思います。

 

シャドーイング

ベースとなる学習法が、シャドーイングです。

シャドーイングとは、英語教材の音声に合わせてテキストを音読するという学習法。

同じスピードで音読するために、英語の音声を集中して聞くことになるので、リスニング力がアップします。

また、スピーキング力の向上にもなりますね。

ポイントは、

単にテキストを音読するだけでなく、教材の音声の発音や声の抑揚を真似するようにして、大きな声で読む

ことですね。

 

ちなみに、私はシャドーイングの練習に下記の教材を使ってました。

英単語・熟語ダイアローグ 1800」は、ダイアローグの名前の通り、例文が会話になっており内容が頭に入りやすいです!

また、単語のレベルも簡単過ぎず、語彙力が伸ばせます。

イメージとしては、TOEIC600点くらいの人が800点まで伸ばすのに非常に適していると思います。

 

TOEIC対策

TOEICの点数アップのためには、シャドーイングで英語の基礎力を伸ばしつつ、TOEIC対策も必要。

TOEICは問題形式や出題傾向がある程度決まっているので、試験対策をするだけでも点数が上がったりします。

 

TOEIC対策として、スタディサプリがおすすめ!

スタディサプリは、月額制でオンラインの講義動画を視聴できるサービス。

TOEICの対策コースがあって、有名講師がテクニックを伝授してくれます。