知財部で使う英語の一覧|特許権利化は何て言う?

英語のイメージ

知財の仕事をやっていると、英語が必要な場面に結構遭遇します。

 

米国などへの外国出願業務では英文を読みますし、場合によっては外国の代理人と英語で会話しなければならない、なんて場面もあったりします。

 

そんなときに、知財業務で頻繁に使う英単語が頭に入っていれば、英文の読解も楽になるし、英会話でもなんとか片言で意思疎通を図ることができたりします。

 

というわけで、この記事では、私の独断と偏見で、知財業務をやる上で知っておきたい英単語をリストアップしてみました!

 

知財で知っておきたい英単語

英単語のイメージ

知っておくと良い知財の英単語について、

  • 基本
  • 出願・権利化
  • 裁判

の場面に分けてご紹介します!

 

【基本編】知財部を英語で何て言う?

まず、普段我々が何気なく使っている知財用語について、基本的なものをご紹介します。

知財英単語 基本編
知的財産権 intellectual property rights
特許 patent
実用新案 utility model
意匠 design patent
商標 trademark
著作権 copyright
知的財産部 intellectual property division / intellectual property department
弁理士 patent attorney
特許庁 patent office
特許事務所 patent law firm

 

上記のように、「知財部」は英語で、”intellectual property division”もしくは”intellectual property department”になります。

例えば、自己紹介などで自分の所属が知財部であることを言うときは、

I work in the Intellectual Property Department.

のようになりますね。

 

【出願・権利化編】特許権利化を英語で何て言う?

続いて、出願や権利化に関する英単語です。

知財英単語 出願・権利化編
特許権利化 patent prosecution
特許出願 patent application
審査請求 request for examination
審査官 examiner
拒絶理由通知 office action
先行文献 prior art
特許文献 patent literature
非特許文献 non-patent literature
意見書 remarks
補正書 amendments
拒絶査定 decision of refusal
特許査定(許可通知) notice of allowance
分割出願 divisional application
維持年金 maintenance fee
新規性 novelty
進歩性(非自明性) non-obviousness
発明該当性 patent eligibility
商標登録出願 trademark application
指定商品役務 goods and services
審判請求 appeal

上記のように、「特許権利化」は英語で”patent prosecution”になります。

例えば、自分の担当業務が特許権利化であることを説明するときは、

I am responsible for patent prosecution.

のようにいいます。

 

【係争編】原告 / 被告を英語で何て言う?

最後に、知財の係争関連で使いそうな英単語です。

知財英単語 係争編
警告状 warning letter
特許訴訟 patent litigation
差止 injunction
損害賠償 damages
地裁 district court
知財高裁 Intellectual Property High Court (※米国だとCAFC:(Court of Appeals for the Federal Circuit)に相当)
最高裁 Supreme Court
原告 plaintiff
被告 defendant
裁判官 judge
陪審員 jury
異議申立 opposition(※米国だとPGR(post-grant review)に相当)
無効審判 invalidation trial(※米国だとIPR(inter partes review)に相当)

挙げればキリがないですが、上記あたりは知っておくと良いですね。

 

知財部ではどれくらい英語力があればいい?

昇進のイメージ

ここからはおまけで、知財部にはどの程度の英語力が求められるのかについて書いてみたいと思います。

 

知財部だと英語はできるに越したことはない

知財の仕事をしている方なら実感してると思いますが、やはり知財で英語はできるに越したことはないです。

 

近年では、特許や商標の権利化業務において日本国内で完結することは稀で、米国や欧州などの外国出願もセットで検討することがほとんどです。

もちろん、アジア等の非英語圏であっても、現地代理人とのコミュニケーションは英語になります。

 

あと、メーカーの知財部なんかだと、海外の子会社に出向するのが出世コースになってたりするんで、英語の出来不出来は出世にも影響します。

また、転職のおいても、英語力はアピール材料になるなど、知財業務において英語はかなり必要ですね。

 

目安はTOEIC800点以上

では、どれくらい英語ができればよいのでしょうか?

 

ひとつの基準としては、TOEIC800点以上が目安になると思います。
(もちろん、知財部の人は英語ができる人が多いんで、高ければ高いに越したことはないんですけどね・・・。)

 

私の経験からすると、だいたいTOIECが800点くらいあれば、社内ではそこそこ英語ができる人と見なされます。

それによって、海外系の仕事が回ってきやすくなります。

 

実際、私も前職でTOEICの点数がそれなりにあったことにより、社内の外国出願に関するワーキンググループに入れてもらえて貴重な経験ができましたし、転職の際にも英語力が評価されたりしました。

 

というわけで、キャリアアップを志向している人なら、(英語がしゃべれなくても)とりあえずTOEICの点数を上げておくのがおすすめですね。

それによって色んなチャンスが舞い込んできます。

 

なお、TOEICのスコアアップのための方法論について、「TOEIC600点からのスコアアップ方法|これで900点台になりました」で私の持論を詳しく書いているので、ご参考に!

TOEICのイメージ TOEIC600点からのスコアアップ方法|これで900点台になりました

 

まとめ

というわけで、知財で使う英単語を挙げてみました。

 

もちろん、上記はごく一部で他にも知財に関する英単語はたくさんありますが、基本的な単語を知っておくだけでも、だいぶ英語でのコミュニケーションがスムーズになると思います。

ぜひ参考にしてみていただければと。

 

★TOEICのスコアアップ方法

TOEICのイメージ TOEIC600点からのスコアアップ方法|これで900点台になりました