2017年 今年の目標

IMG_5075

明けましておめでとうございます。

早いもので2017年となり、仕事も始まりましたが、まだ正月気分が抜けずひいひい言っています(笑)

ちなみに、冒頭の写真は、先日初詣がてらに行った神社の写真です。

 

さて、昨年はプライベートで色々と環境の変化があったこともあり、ほとんどブログの更新ができずで、もはや死に体の状態になっておりました。

今年はもうちょっと更新できたらいいな。。

とりあえず、毎年恒例としている年初の目標を書いてみたいと思います。

まずは昨年の振り返りから。

 

昨年の振り返り

もはや去年の目標もきれいに忘れ去ってましたが、去年の記事を改めて確認してみると、以下の様な目標を立てていたようです。

  • 知財において幅を広げる
  • 語学をがんばる
  • 体力の強化
  • 人間力を上げる

まず、「知財において幅を広げるについてですが、」幸か不幸か、昨年はかつてないくらいに仕事で新展開があり、図らずも今まで経験したことのないような類の仕事をする機会に恵まれました。

幅が広がったといえば、広がりましたかねぇ。

 

次の「語学をがんばる」は、結果的にあんまり頑張らなかったかなぁ・・・。

英語は現状維持からやや下がり気味なかんじ。

中国語は、前よりは多少実力がついたものの、未だに実用に耐えうるレベルではないというかんじです。

 

「体力の強化」については、結局あまり強化されておらず。。

 

「人間力を上げる」については、どうなんでしょうね?

昨年は色んな経験をしたせいか、少し昔と考え方などが変わってきた気はしますが、それが人間力を上げる方向に作用しているのかはなんとも言えません(笑)

総じて、わりと外からの出来事に自分が左右された年であり、自発的に何かを頑張るというのをあまりしない年だったなぁと思います。

 

2017年の目標

さて、そんな2016年だったわけですが、2017年の目標は以下のようにしたいと思います。

体とメンタルを鍛える

昨年に引き続き体を鍛えるのに加えて、今年はメンタル面でも強くなっていきたいです。

やはり、体と精神がいい状態にあるのは、何をするにしても基本になるところだと思うので、ここをちゃんとしたいです。

しかし、自分で言っておきながらメンタルを鍛えるってどうやればいいんですかね?

座禅でも組むのか滝に打たれるのかといったかんじですが、自分に合った方法論を見つけられたらいいなぁ。

 

特許分析の力をつける

本ブログの趣旨に照らして、知財に関する目標も挙げておきます。

特許分析というと、自分は、何らかの基準で世にある特許を抽出し、それらを何らかの方法で処理し、その結果をもとに業界・技術分野の現状を把握したり、将来動向を予測をしたりすることだと思っています。

今の時代、知財担当者の付加価値として、この特許分析がものをいうのではないかと思うのです。

世の中がやれIoTだAIだと言っている中で、多くの企業は未知の分野に乗り出さすことを余儀無くされています。

そのときに、知財担当者としては特許の観点からその足がかりを示せることが大事なんじゃないかなと。

 

では、どうやって特許分析の力をつけるかということなんですが、なかなか難しいですね。

私も過去に何度か特許分析の真似ごとをしたことがありますが、自分の実感としては、特許分析のやり方に王道は無く、良い分析結果を出すためには、ある程度トライ・アンド・エラーを繰り返すしかないんじゃないかなと思います。

もちろん、出願人や技術分類で特許の分布を見るなど一般的によくやられている手法はありますが、
こういった特許の中身まで踏み込まない分析は、結局薄っぺらいものになるような気がしてるんですよね。

なので、鍛えるとすると、正しい方向性を見つけ出す勘所みたいなところですかね?

とは言え、自分は特許分析をちゃんと勉強したわけでは無いので、まずは色々情報を探ってみたいなと思います。

 

今年の目標はこれら2つだけにとどめておきます。

さて今年はどんな年になるかな?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください