弁理士はやめとけと言われるのは何故?特許事務所の特殊な職場環境

ブラック特許事務所のイメージ

弁理士は理系資格の最高峰と言われ、資格取得までにはそれなりの費用と膨大な勉強時間が必要です。

一方で、資格を取得できれば、独立して特許事務所を開業できたり、就職や転職で有利になったりとメリットがあると言われています。

そのため、理系の方を中心に弁理士に興味を持っている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、近年、「弁理士はやめとけ」という悲観的な論調を多く耳にするようになりました。

これは当の弁理士自身も言っていたりして、たしかにうなずける部分があったりします。

この記事では、弁理士はやめとけと言われる理由について書いてみたいと思います!

 

ちなみに、これを書いている私は学生時代に弁理士資格を取り、以来10年近く知財の仕事に携わっています。

まわりに特許事務所で働いている弁理士の知り合いも多く、ご参考にして頂けると思います。

弁理士の転職におすすめ
  • リーガルジョブボード ※知財専門のスタッフが在籍。特許事務所の求人に強い転職エージェントです
  • MS-Japan ※管理部門特化型エージェント。特許事務所、知財部どちらの求人も扱っています

弁理士はやめとけの理由は?

弁理士はやめとけのイメージ

なぜ弁理士はやめとけと言われるのでしょうか?

私としては、これには大きく2つの理由があると思います。

弁理士を取っても稼げなくなった

理由の1つ目は、

もはや弁理士資格を取っても稼げなくなった

ということです。

 

かつて弁理士資格が希少だった頃は、独立して仕事を取ってくることは比較的容易でした。

そして、独立し且つ順調に仕事が入っていれば、サラリーマンとは比較できないほど稼げます。

そのため、弁理士資格を取得できれば、収入アップはある程度約束されたものだったのです。

 

しかし、2000年代に弁理士試験が易化して以降、弁理士の数が一気に増えました。

一方で、リーマンショック以降、企業側の特許出願特許方針の変化(国内よりも外国出願を重視)やコストカットにより、案件の確保が難しくなっています。

そのため、特許事務所間での競争が激化しており、実力が無い事務所は経営が立ちいかなくなっています。

結果として、かなりの実力と営業力がなければ、新たに特許事務所を開業してやっていくことは難しくなり、独立のハードルが上がりました。

弁理士として独立できなければ、結局の所、普通のサラリーマンと大差が無く、大きく稼ぐことは難しいです。(平均的な弁理士の年収は700万円程度だと言われています)

 

このあたりの話は下記の記事で詳しく書いているので、こちらもご参照ください。

理系の道のイメージ弁理士は将来性がないってホント?今後を業界人のぼくが解説します

特許事務所は人を選ぶ

もう一つの理由は、弁理士の仕事は向き不向きが激しく、人を選ぶという点です。

とりわけ、弁理士の主な勤務先である特許事務所では、延々と書面作成をするのが主な仕事となります。

また、職場環境が一般企業とはかけ離れていますし、特許事務所間でも良い所と悪いところの差が大きいです。

中には、労働環境が劣悪な特許事務所(俗に言うブラック特許事務所)が存在し、こういった事務所に当たってしまうと、かなり悲惨なことになります・・・。

特許事務所ってどんなところ?|職場環境は特殊です

忙しい特許事務所のイメージ

上述のように、「弁理士はやめとけ」と言われる一因として、特許事務所での職場環境や業務内容が特殊であることが挙げられます。

 

では、特許事務所はいったいどういう所なのでしょうか?

もちろん、事務所によって環境は異なりますが、概ね以下のような特徴があると言えるでしょう。

特許事務所はこんなところ
  • ひたすら書面作成をする
  • 特許事務所は個人商店の集まり
  • 成果主義で報酬の変動リスクが大きい
  • 教育があまり期待できない
  • 職場環境の当たり外れが大きい

特許事務所ではひたすら書面作成

特許事務所の仕事としては、

  • クライアントとの打ち合わせ
  • 特許明細書などの出願書類の作成
  • 拒絶理由通知対応(意見書・補正書の作成)
  • 特許調査
  • 鑑定
  • 異議申立て、無効審判
  • 訴訟
  • 事務処理
  • 営業(顧客まわりやセミナー開催など)

あたりが代表的です。

 

上記の業務のうち、ほとんどの弁理士(特許技術者)は、明細書作成と拒絶理由通知対応といった書面作成が業務の大半を占めます。

これらは、発明の本質を理解してそれを文書に落とし込むという非常に高度な仕事です。

一方で、見方によっては、ひたすらPCに向かって書面を作っているだけとも言え、人によって向き不向きがかなりありますね。

特許事務所は個人商店の集まり

特許事務所の職場環境の例えとして、

特許事務所は個人商店の集まりである

とよく言われます。

 

特許事務所では、それぞれの弁理士が担当するクライアントがある程度固定されており、基本はクライアントからの売上に連動して弁理士の報酬が決まります。

一方、クライアント側としても、その特許事務所というよりも、「その弁理士に仕事を頼みたい」という考えで案件を依頼していることが多いです。
(そのため、弁理士が事務所を辞める際に、担当していたクライアントごと次の事務所へ持っていく、というのはありがちな話)

このように、個々の弁理士が仕事を取ってきて売上を上げているのが、個人商店と言われる所以です。

 

また、個人商店且つ書面作成が主な仕事であるため、一般企業に比べて、人と交流する場面が非常に少ないです。

組織やチームで協力して仕事を進めるという意識も希薄です。

さらに、大きい特許事務所なんかだと、クライアント同士のコンフリクト(競合関係にある会社を双方とも代理してしまうこと)を考慮して、所内での情報のやり取りを制限したりもしています。

こういった事情も、同じ事務所内でも人との交流が無い、という状況に拍車をかけます。

成果主義で報酬の変動リスクが大きい

普通の企業に比べると、特許事務所は成果主義的な側面がかなり強く報酬の変動リスクが大きいと言えます。

 

特許事務所では、企業の知財部などとは違い、個人がどの程度売上に貢献しているのかが容易に可視化されます。

というのも、基本的に特許事務所の個々の弁理士の売上は、

売上 = 処理した案件数 × 平均単価

という簡単な式で計算できてしまいます。

そのため、多くの特許事務所では、個人の売上に連動した成果報酬を取っています。

 

成果主義ということは、売上を上げれば収入は上がりますが、売上が立たなければ収入が下がってしまうということです。

中には、

メインとしているクライアントの業績が悪くなり仕事が無くなる

などの自分ではどうしようもない理由で、収入が下ってしまうこともあります。

加えて、組織の規模としては零細企業並であるため、福利厚生は必要最低限レベルだと考えておいたほうが良いでしょう。

 

こういった環境に向いてないと思う人は、特許事務所はやめといた方がいいでしょう。

教育があまり期待できない

特許事務所では、リソースが少ないが故に、新人に対する教育はあまり期待できません

 

もちろん、特許事務所の中には、弁理士(特許技術者)の仕事の経験があまりない人に対して、明細書の書き方などを丁寧に教えてくれるところもあります。

ただ、多くの特許事務所では、業務に追われて、そこまで手をかける余裕がないのが実情。

仕事の教育でさえその状態なので、社会人としての教養や一般常識みたいなのは推して知るべしです。

基本的に、「自分で人の技を盗んで勝手に成長する」くらいのスタンスが求められます。

 

あと、新卒や企業の在職期間が短い状態で特許事務所に入ってしまうと、企業での感覚を身につける機会を失ってしまう点も注意すべきだと思います。

例えば、

  • 企業がどういうフローで意思決定・承認するか?
  • 社内でどういうやり取りをした上で出願や中間対応をするのか?
  • どういうコスト感覚でやっているのか?
  • どういう観点で事務所を評価するのか?

といったことは、企業で実際に働いてみないとなかなかわかりません。

 

個人的には、企業における感覚の有無は結構大事で、後々のキャリアに大きく響いてくると思うんですよね。

弁理士というのはサービス業なので、クライアント側のニーズが読めなければ、満足のいくサービスを提供することが困難です。

 

また、将来企業に転職したいと思っても、企業経験が短い場合、組織に合わないとして敬遠される可能性もあります。

 

なので、特に新卒など、初めての仕事に就く場面でいきなり特許事務所に入るのはやめといたほうがいいでしょう。

仮に「特許事務所で弁理士として活躍したい!」と思っていたとしても、最初は一般企業に就職するべきだと思います。

職場環境の当たり外れが大きい

特許事務所は、職場環境の当たり外れが大きい傾向にあります。

 

そこそこの大きい企業であれば、コンプライアンス遵守の観点で、めちゃくちゃなことはそう起こりません。

一方で、特許事務所は所員が数人〜数十人程度で、組織の規模的には零細企業と同じです。

そのため、ちゃんとしてる所としてない所のばらつきがかなりあり、中には信じられないようなことが起こったりします。

 

特に、特許事務所では、

トップ(所長)のキャラクターが職場環境にもろに反映される

という特徴があります。

仮に所長が所員に対して威圧的だったり、マネジメントに無関心だったりすると、必然的に職場環境は悪化します・・・。

 

従って、特許事務所に転職をする際は、情報収集をしっかりやり且つ自分の五感をフル稼働させて、かなり注意深く検討する必要があります。

リーガルジョブボードなどの特許事務所に詳しい転職エージェントを使うのも一案でしょう。

ブラック特許事務所に入らないためには?

ブラック特許事務所のイメージ

というわけで、特許事務所は就職先としては結構特殊でリスキーだよ、という話でした。

 

とは言え、特許事務所が就職先として必ずしも悪いわけではありません。

むしろ実力がある人であれば、企業などよりも実力に見合った報酬が得られますし、若くても活躍できるチャンスが多いと言えます。

実際、私の周りでも、企業から特許事務所に転職してバリバリ活躍されている方がいっぱいいます。

 

では、特許事務所に入りたいと思っている場合、働き先としてよろしくない特許事務所を回避するためには、どういったことに気をつければいいでしょうか?

特に、以下のような特徴があるブラック特許事務所と言われるようなところは何としても避けなければなりません。

ブラック特許事務所の特徴
  • 案件数が多いのに、不当に低い給与しか支払われない
  • 残業代が支払われない
  • 有給が一切取得できない
  • 離職率が異常に高い
  • パワハラが常態化している
  • 仕事について叱責されるが、有益な指導や教育は一切ない

 

難しいのが、大手だったり知名度が高い特許事務所であっても、ブラックの可能性があるというところです。

私の知り合いの弁理士は、東京の著名な某大手特許事務所について、

北朝鮮みたいなところだよ

と吐き捨てるように言ってました・・・。

 

あと、弁理士試験の受験指導で高名な某弁理士先生の事務所は・・・と聞いたこともありますね。

基本的には、知名度や事務所の規模に油断せず、しっかり情報収集するしかありません。

 

なお、特許事務所の見極め方については下記の記事に詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください!

特許事務所に転職したあとに後悔する理由を挙げつつ、自分に合った特許事務所を見つけるため(あるいはイマイチな事務所を避けるため)のヒントを書いています。

デメリットのイメージ特許事務所に転職して後悔する理由ランキング

まとめ

というわけで、弁理士はやめとけと言われる理由や特許事務所の職場環境などについて書いてきました。

まとめると、

  • 弁理士資格ではもはや稼げなくなった
  • 弁理士(特許事務所)の仕事は特殊で人を選ぶ
  • 特許事務所は書面作成の業務が中心。人との交流は少ない傾向
  • 特許事務所では報酬の変動リスクがあり、職場環境の当たり外れがあるため、就職先としてはリスキー
  • ブラック特許事務所を避けるためには、情報収集が命!火のない所に煙は立たず

ということですね。

 

ご参考になれば幸いです!

特許事務所の転職なら

特許事務所への転職活動をするのであれば、知財に特化したエージェントを使うのがおすすめです。

特に、リーガルジョブボード(LEGAL JOB BOARD)は、知財業界の転職を専門に扱っている担当者がおり、特許事務所の求人に強い転職エージェントです。

担当者が特許事務所にヒアリングしており、特許事務所の情報や弁理士の就職状況などを熟知しています。

「自分の経歴と照らして転職可能か?」などはエージェントと情報交換しなければなかなかわからないことです。

知財の仕事に就きたいのであれば、まずは登録してみることをおすすめします。

>> リーガルジョブボードに登録する

※知財専門のスタッフが在籍。特許事務所にヒアリングを行っており、マッチした事務所の紹介を受けられます
※無料で登録できます

 

知財の転職エージェントのおすすめについては、下記の記事で詳細を書いています。

私が転職活動した際に使った転職エージェントの感想も書いているので、ぜひ参照してください!

弁理士口述試験のイメージ知財・弁理士の転職エージェントおすすめ6選|体験談も紹介します