英語が話せないあなたへ|悔しい思いをしないようにやるべきこと

社会人をやっていると、ときに英語をしゃべらなければならない場面に遭遇します。

特に高度な仕事をやっている人ほど英語をしゃべる場面が出てきたりします。

 

ただ、ほとんどの人は、「英語が話せない・・・」と苦手意識を持ってるんじゃないでしょうか・・・?

できれば、そんな場面で悔しい思いをする前になんとかしたいところ。

 

私も、海外の弁護士とテレビ会議したり、彼らが来日したときに相手をしたりと、少なからず英語をしゃべる場面があります。

しかし、以前は英会話がからっきしだめで、コミュニケーションをうまく取れずにもどかしい思いをしてました・・・。

そこで、これはいかんと思い一念発起!英語がしゃべれるようになるために、いろいろやってみました。

 

というわけで、この記事では、英語が話せるようになるために悪戦苦闘した私の経験と、その結果たどり着いた英会話の学習法をご紹介したいと思います!

 

TOEIC900点でも英語を話せない人は多い

英語力を測定するメジャーな検定試験として、TOEICがあります。

 

世間的にはTOEICが900点あれば、相当英語ができる人で、英語がペラペラというイメージがあります。

しかし、実際には、TOEIC900点でも英語を話せない人は多いです

 

実は、私もそのパターンでした。

TOEICのスコアは900点近くあるけど、英語を話す場面になると、頭が真っ白に・・・。

自分が言いたいことが言えずに悔しい思いをしてました。

 

でも、これはよく考えれば当たり前の話で、TOEICで測定しているのは、

  • Reading
  • Listening

の2つの能力だけ。

英語をしゃべる(Speaking)というのは、ReadingやListeningとはまた違った能力なので、TOEICで高得点を取っても英語が話せないのは当たり前と言えば当たり前なのです。

 

それで、当時の私は、

英語を喋れるようになって、自分のキャリアを広げたい

という野心というか、強い思いがありました(笑)

そんなわけで、英語を話すこと(Speaking)に注力して鍛えることにしました。

 

英語を話せるようになるまでにやったこと

以下、私が英語が話せるようになるまでにやったことです。

いろいろ紆余曲折がありました・・・。

 

通学型の英会話スクール

英語が話せるようになりたい! →だったら英会話スクール

という安直な考えで、英会話スクールに通うことにしました(笑)

で、英会話スクールは業界の中でもお高い、ベルリッツに通いました。(会社からちょっと補助が出たので)

 

はじめはグループレッスンを受講していました。

だいたい、3人くらいのグループでやるのですが、他の人が言葉につまって「えー」とか「あー」とか言っているとイライラしたり(笑)

なんか、自分が話す機会が少なくて効率が悪いなと思い、半年くらいやってマンツーマンレッスンに切り替えました。

 

マンツーマンレッスンは結構良かったです。

講師の方もビジネス経験がある先生で、結構実践的な英会話(例えば、プロジェクト進捗を確認するシミュレーションをするなど)をやってくれました。

 

ただ、マンツーマンも1年くらいやったのですが、劇的に英語が話せるようになったという実感はなかったです・・・。

原因はやはり、英語を話す頻度が少ないことだと思いました。

マンツーマンレッスンは、1週間に2コマ(1時間半)を取っていましたが、それでも、レッスン料が半年で40万円近くしました。

さすがに、これ以上頻度上げるとお財布が追いつかないし、通学するのも結構負担です・・・。

 

というわけで、いったんベルリッツは辞めて、英語をもっと頻繁に話せるような別の方法を検討することにしました。

 

オンライン英会話

英語を話す頻度を上げるため、なにかいいやり方はないかと調べたところ、オンライン英会話(Skype英会話)というのがあることを知りました。

 

オンライン英会話とは、英会話のレッスンをオンラインで提供することで、受講料を非常に安いのが特徴です。

例えば、オンライン英会話の有名どころのレアジョブだと、毎日1レッスンできる日常英会話コースが月額5,800円

普通の英会話スクールが安いところでも週1回で月1万円以上するのに比べると、とんでもない安さです。

 

多くのオンライン英会話では、フィリピンのお姉さんとSkypeで会話するというスタイル。

先生の質という点ではおそらくベルリッツと比較にならないと思いつつも、とにかく英語を話す頻度を上げたいということでオンライン英会話を始めることにしました。

 

オンライン英会話は、だいたい週に3, 4回のペースで、3年続けました。

私が利用していたサービスでは、カランメソッドという学習法を取り入れたコースがあり、これをメインでやりました。

その他、テーマを決めて、先生とフリーディスカッションするコースを選んだりしました。

 

オンライン英会話を継続したのはかなり効果がありましたね。

簡単なセンテンスであれば反射的に言葉出てくるようになり、最初に比べると格段に英語が話せるようになりました!

 

海外ドラマで生きた会話を学ぶ


オンライン英会話と並行してやったのが、海外ドラマを見ることです。

 

ネイティブの会話だと、句動詞という、”make”, “put”, “come”といった簡単な動詞と前置詞を組み合わせた表現が多用されます。

その他にも、ネイティブ特有の英語の言い回しがあり、そういうのを身につけるのに海外ドラマが良いと聞いたからです。

 

それで、勉強のために見たのが「フレンズ」という海外ドラマ。

フレンズは、英語学習の上級者の間では評判でして、生きた英会話のお手本のような作品。

動画配信サービス(Hulu)で、英語字幕をつけて何度も視聴して、セリフを覚えたりしてました。

 

英語が話せなくて悔しい思いをしないための最短学習法

そんなわけで、自分の経験から、英語が話せるようになるための最短の学習法は、

オンライン英会話でひたすらしゃべる

ことだという結論に至りました!

 

上でも書きましたが、ベルリッツのような良いスクールに通っても、英語を話す頻度が少なければ、成長は限定的・・・。

なので、低価格でたっぷりと話す機会があるオンライン英会話でひたすら千本ノックをするのが最適解です。

 

ちなみに、オンライン英会話は色んなところがありますが、とりあえずはレアジョブ英会話で良いと思います。

レアジョブは、オンライン英会話の中でも規模がNo1で、選択できる講師の数が豊富。

さらに、ドコモ、ヤフー、みずほ銀行などの一流企業にも採用されていて、安心感があります。

2回まで無料でレッスンが受けられるので、英語が話せるようになりたい人はまずはレアジョブに登録してみてはいかがでしょうか?!

レアジョブの詳細はこちら

さらに、レアジョブには集中学習型の【レアジョブ本気塾】があります。

こちらは、日本人の専属トレーナーがついて、カリキュラムや進捗をがっちり管理するというガチのプログラム。

もちろん、カリキュラムにはオンライン英会話がたっぷり含まれます。

海外出張や海外赴任が決まってるなど、短期間で英語力を上げないとマズい方には【レアジョブ本気塾】がおすすめです!