弁理士の転職は40代、50代になってもできるのか?

50代の候補者のイメージ

弁理士は専門性の高い仕事で、転職も活発です。

一般的な転職市場では、年齢が高い人は敬遠される傾向にあり、巷では「転職40歳限界説」などと言われています。

 

では弁理士の場合、40代、50代になっても転職はできるのか?

実は、私が知っている範囲でも50代でも転職に成功した事例が結構あります。

 

というわけで、この記事では、

弁理士は50代になっても転職できるの?

と気になっている方に向けて、私が知っている50代で転職した弁理士の事例や、50代の転職に求められるものについて書いてみたいと思います!

 

ちなみに、これを書いている私は学生時代に弁理士資格を取り、新卒で企業の知財部に入って以来10年近く知財の仕事をしています。

まわりに弁理士の知り合いも多く、ある程度内情を知っているので、参考にして頂けると思います。

どんな弁理士が50代で転職できる?

採用する事務所のイメージ

まず、私が知っている、50代で転職した弁理士の事例を挙げます。

私が知っている範囲でも、それなりにいますが、50代で転職した弁理士はだいたい以下のパターンに分けれます。

50代で転職した弁理士
  • 明細書をかけるベテラン弁理士
  • 企業知財のえらい人
  • 特許庁審査官あがりの弁理士

明細書をかけるベテラン弁理士

特許事務所で長年キャリアを積んで、明細書作成経験が豊富な弁理士がいます。

50代で転職している弁理士の多くはこのタイプですね。

 

やはり、事務所側としても即戦力となる弁理士は年齢が上でも比較的雇いやすいようです。

企業知財のえらい人

私の前職は大企業の知財部でしたが、50歳〜定年退職後くらいで特許事務所に移られた方がそれなりにいらっしゃいましたね。

その中には弁理士資格が無い人も含まれます。

といっても、それなりに社内でポジションが上の方(部長職以上)がほとんどでしたが。

特許庁審査官あがりの弁理士

審査官あがりの弁理士が特許事務所に転職するケースもそれなりに見かけます。

特許庁の審査官を長年やっていて、試験免除で弁理士資格を取った、という人ですね。

50代くらいの方も普通に入っていましたね。

50代の転職で求められるもの

チェックポイントのイメージ

上で挙げたように、50代で転職している弁理士も意外といます。

といっても、年齢と共に転職のハードルが上がるのは確かで、50代で転職できている人は知財業界でそれなりのキャリアを積み重ねてきた人です。

具体的には、50代の転職では以下が求められます。

50代の転職で求められるもの
  • 明細書作成能力
  • 売りとなるキャリア・コネ

明細書作成能力

こちらが圧倒的に本筋ですね。

事務所の経営者からしたら、何歳であろうがそれなりのスピードとクォリティーで明細書を仕上げてくれる人がほしいわけです。

その弁理士の売上から給料を差し引いてプラスになれば、何の問題も無し。

むしろ、業界的にはベテラン弁理士が不足しがちなので、年齢に関係なく実力のある弁理士がほしいでしょう。

 

ただ、それなりに明細書作成経験がある弁理士はごまんといるわけで、50代の転職で求められるレベルはそれなりに高いです。

また、その事務所のメインクライアントの事業や技術分野について深い理解があるなど、マッチングの要素も大きく影響します。

売りになるキャリア・コネ

企業知財や特許庁のOBの方は、事務所でバリバリ明細書を書いてた経験はないけど、50代での転職に成功しています。

何故かというと、売りとなるキャリアやコネがあるからです。

 

まず、知財部OBであれば、その企業と付き合いがある特許事務所に入る(悪くいうと天下る)ことで、企業とのコネクションが強化されることになります。

もちろん、社内の事情に精通してますし、クライアント側の担当者が元部下みたいなこともあるので、事務所側もなにかとやりやすくなります。

 

また、審査官OBの弁理士を囲うことで、中間処理や審判で強いとアピールできます。

実際、私が昔大手特許事務所に訪問したときに、審査官OBの弁理士を紹介されて、

御社の案件でおかしな拒絶理由通知があったら教えて下さい!こちらの弁理士は特許庁のOBなんで、審査官にガツンと言ってもらいますよ!

と言われたことがありますね。

このように、審査官OBを事務所に囲っておくことで、クライアントへのアピールになるわけです。

未経験は厳しい

で、ここまで読んでいただけた方ならお分かりかと思いますが、50代の転職ではどんな形にせよ、年齢相応の知財業界におけるキャリアが必須です。

従って、弁理士資格があっても知財業務未経験ではかなり厳しいでしょう。(というか不可能)

 

40代の場合は?

40代の弁理士についても、転職の際に求められるものは50代の場合と大きくは変わりません。

 

基本的に、40を過ぎると、ビジネスパーソンとしては完成形とみなされ、20〜30代のようにポテンシャルも加味して評価されるということはほぼ無くなります。

従って、上で挙げたような、年齢相応の知財業界におけるキャリアが必須です。

 

唯一50代と40代で違う点を挙げるとすると、企業知財部への転職の可能性ですね。

特許事務所に比べると、企業の方が年齢が影響しやすく、50代で企業への転職はあまり聞いたことがありません。

一方で、40代前半であれば、企業知財部への転職の可能性はあります。

ただ、その年齢で企業に転職するのであれば、マネージャー相当の経験と実力が必要になります。

まとめ

というわけで、50代の弁理士の転職事情についてでした。

まとめると、

  • 特許事務所で長年キャリアを積んだベテラン弁理士は、50代でも比較的転職に成功しやすい
  • 知財部や特許庁OBが50代で特許事務所に転職している事例もあり
  • 50代の転職では、明細書作成能力か、それに相当するキャリアが求められる
  • 40代前半であれば、企業知財部への転職の可能性はある

ということですね。

というわけで、他の職業に比べれば、弁理士は比較的年齢が上でも、転職に成功しやすいと言えます。

参考になれば幸いです!

 

なお、知財の転職については弁理士の転職ノウハウ総まとめ!|知っておくべき10のポイントで詳しく書いているので、転職に興味がある方はこちらもどうぞ。

弁理士に限らず、知財の仕事で転職しようとしている方には参考にして頂けると思います!

弁理士の転職のイメージ 弁理士の転職ノウハウ総まとめ!|知っておくべき10のポイント

弁理士の転職はエージェントを使うべき

上で述べたように、50代の弁理士は特許事務所にの転職するケースがほとんどです。

 

特許事務所への転職活動をするのであれば、リーガルジョブボード(LEGAL JOB BOARD)がおすすめ。

リーガルジョブボードは、知財業界の転職を専門に扱っている担当者がおり、特許事務所の求人に強い転職エージェントです。

 

リーガルジョブが扱っている非公開求人では、担当者が特許事務所にヒアリングしており、自分にマッチした特許事務所の紹介が受けられます。

また、転職時の年収などの条件交渉は、エージェントを介した方が圧倒的にやりやすいです。

 

ここまで特化しているエージェントは他にないので、特許事務所への転職活動ではマストで登録すべき!

登録は無料でできるので、特許事務所への転職を検討されている方はまずは登録してみましょう。

>> リーガルジョブボード 公式サイトへアクセスする

※知財専門のスタッフが在籍。特許事務所にヒアリングを行っており、マッチした事務所の紹介を受けられます

※登録無料。エージェントから費用請求されることはありません