なぜ理系はやめとけと言われるの?|理学部出身の僕が語ります

理系はやめとけのイメージ

高校のときの進路において、

理系にするか、文系にするか

は結構大きな問題です。

 

一般的に、理系学部に進んだほうが就職に強いというイメージがあり、理系科目がそこそこできるなら理系を選びがちです。

しかし、中には、「理系はやめといたほうがいい」という声も・・・。

 

私自身、大学では理系(理学部化学科)だったのですが、たしかに理系に向き不向きが結構あり、就職しやすいからという安易な理由で選ぶのはどうかと思います。

 

この記事では、理系はやめとけと言われる理由について書いてみたいと思います!

理系はやめとけと言われる理由

なぜ理系の学部はやめとけと言われるのでしょうか?

 

冒頭でも述べたように、私は大学で理学部に入りました。

また、サークル活動で工学部などの他の理系学部の友人も多くいたのですが、やはり中には理系学部に入ったのを後悔している人もいました。

そんな経験があるので、単に就職しやすいからという安易な理由では、理系に進むのはやめといたほうがいいと思います。

 

私の経験に照らすと、以下のような理由があります。

理系はやめとけと言われる理由
  • 単位が厳しい
  • 実験好きでないと辛い
  • 女性との出会いが少ない
  • 勤務先が僻地になりがち

単位が厳しい

単位を取るのが厳しいイメージ

理系はやめとけと言われる一番の理由がこれですね。

大学では、文系学部よりも理系学部の方が、圧倒的に単位を取るハードルが高いです。

 

私の大学時代の友人で留年したのは結構多かったのですが、その多くは理系の学部でした。

そして、ついには大学を卒業できなかった友人も・・・。

彼らは皆理系でした・・・。

 

さすがに卒業できなかったのはレアケースですが、必修なのにやたらと教授が厳しくてなかなか単位が取れないというのは結構あります。

一方で、文系の友人からはそんな話は聞いたことはないですね。(もちろん、授業をサボりまくって留年している人間はいますが)

 

というわけで、理系に進んでしまったがために、「大学を留年した・卒業できなかった」という場合もあります・・・。

実験好きでないと辛い

実験のイメージ

 

理系の学部であれば、大学4年生にもなると、どこかしらの研究室に入り、実験に明け暮れる日々を過ごすことがほとんどです。

なので、理系と実験は切っても切り離せない関係にあります。

 

しかし、この時期になって初めて、

あれ、自分はあんまり実験が好きじゃないぞ・・・

と気付く理系の学生は意外と多いのです。

 

その理由は、受験などで理系科目を勉強することと、実験・研究は大きく異なるためだと思います。

基本的に研究というものは、

課題を発見し、仮設を立てて、実験で検証する

というサイクルをぐるぐる回すもので、受験勉強での頭の使い方(物事を理解する、暗記する)とは異なる部分が多いのです。

 

かく言う私も、大学院のときに「自分は研究に向いてないなぁ・・・」と感じ、紆余曲折を経て文系就職したクチですね。

(そのあたりの経緯はこちらの記事に詳しいです)

 

別に理系にするのをやめとけば良かったと思っているわけではありませんが、実験との相性があることについては頭に入れておいても良いでしょう。



女性との出会いが少ない

女性との出会いのイメージ

男性目線の話になりますが、女性との出会いが少ないために、理系に入ったことを後悔することもあります。

 

理系だと学部にもよりますが、男女比率がアンバランスなことが多いです。

端的に言えば、男が多く、女は少ないです。

自分が大学のときは、ゼミ旅行とかで男女和気あいあいとやっている文系学部が羨ましかったです(笑)

 

ちなみに、一口に理系といっても、学部や学科によっては男女比率が大きく異なります。

私がかつて在籍した大学の理学部では、学科によって結構比率が違ってました。

女性の占める割合が、

  • 生物系:5割
  • 化学系:3割
  • 物理系:1割
  • 数学系:3人(!)

というかんじでした。

 

全体的な傾向としては、生物系や医学・薬学系は、比較的男女のバランスが取れています。

工学部だと、女性の比率が1〜3割の間だと思います。

勤務先が僻地になりがち

勤務地が僻地のイメージ

意外と見逃せないのが、理系だと就職した際に、勤務先が僻地になる可能性が高いということですね。

 

理系(特に大学院まで出た場合)は、研究者や開発者として企業に就職することが一般的です。

その場合、企業の研究所や工場に配属されますが、それらの多くは地方(それも人里離れた山奥)にあります。

(一方、文系の場合、同じ会社に入っても、都心部にある本社勤務になることが多い)

例えば、東海道新幹線に乗って車窓を眺めていると、新横浜から名古屋間の辺鄙なところにでっかい研究所がいくつも見えると思います(笑)

 

そんな地方に住むことになるので、

周りに娯楽が少なく、家と会社の往復で、異性との出会いもない

一方で、文系の人は、東京や大阪などの大都市で働いていて、キラキラして見える

→理系はやめとけばよかった・・・

なんていう人もいるでしょう。

 

なお、同じ理系でもIT系のエンジニアだと、都心部に職場があることがほとんどなので、僻地が嫌だったら情報系に進むというのはありかもしれません。

まとめ

というわけで、理系はやめとけと言われる理由について書いてきました。

まとめると、以下のようです。

理系はやめとけと言われる理由
  • 単位が厳しい
  • 実験好きでないと辛い
  • 女性との出会いが少ない
  • 勤務先が僻地になりがち

 

もちろん、上記を気にしない人も多いので、結局は向き不向きということになります。

好きでもないのに理系に進むのはやめといたほうがいいよ、ということですね。

ご参考になれば幸いです!

研究職に向いていなかったら?

理系に進んだ後に、「やっぱ、自分は研究職に向いていないな・・・」と気付く人もいるでしょう。

かく言う私も、大学院に入ってからそれに気付き、色々あって文系就職したクチですね。

 

理系で研究職以外の道はあるのか?については、下記の記事に書いているのでご参考に!

理系のぼくのイメージ理系だけど研究職に向いていなかったら?|文系就職もあり

理系におすすめの資格

就活を有利に進めるために、資格の取得を検討している人もいるでしょう。

特に、専攻に関係ない企業にエントリーする際には、その分野に関係する資格を取ることで志望度をアピールするのも一案です。

理系におすすめ資格については、下記の記事で紹介しているので、こちらもご参考に!

理系はやめとけのイメージ理系資格のおすすめランキング!【最強なのはどれ?】