理系だけど研究職に向いていなかったら?|文系就職もあり

理系のぼくのイメージ

大学で理系の学部に進学したのであれば、研究や開発の仕事に就くのが普通です。

しかし、理系の学生や社会人の中には、

自分は研究職に向いてないな・・・

と感じている人もいるのではないでしょうか?

何を隠そう、かくいう私もその一人で、理系の大学院生だったものの、研究職を諦めて文系就職しました(笑)

結果的には、自分に合った仕事が見つけられて良かったと思っています。

 

というわけで、この記事では、理系だけど研究職に向いていなかった人はどうすればよいか?について書いてみたいと思います!

理系特化の転職エージェント

なぜ理系なのに研究者に向いていない人がいるのか?

疑問のイメージ

なぜ理系なのに研究者に向いていない人がいるのでしょうか?

 

本来であれば、サイエンスに興味があるからこそ理系の学部を専攻しているわけです。

それなのに研究に向いてないと感じるのはおかしな話だと思う人もいるかもしれません。

 

しかし、理系だけど研究に興味が持てないという人は意外と多いです。(自分も含め)

これには、いくつかのパターンがあって、以下のいずれかに当てはまるのではないかと思います。

研究に興味が持てない人の典型例
  • 好きでもないのに理系を選んでしまった
  • 理系科目が得意だから理系を選んでしまった
  • 研究テーマが合っていなかった
  • 理系の地味さに嫌気がさした

好きでもないのに理系を選んでしまった

世間では、理系のほうが文系よりも就職に有利だと考えられています。

そのため、大学進学の際に、つぶしが利くという理由で好きでもない理系に進むという人も相当数います。

 

元から理系が好きなわけではないので、研究にも当然興味が湧かない、ということですね。

理系科目が得意だから理系を選んでしまった

数学などの理系科目が得意だった、もしくは、国語や社会が苦手だったので、理系に進んだパターンです。

実は、私も化学や物理の勉強が得意なので、理系を選んだクチでした。

 

しかし、受験などで理系科目を勉強することと、研究は違います。

基本的に研究というものは、

課題を発見し、仮設を立てて、実験で検証する

というサイクルをぐるぐる回すもので、受験勉強での頭の使い方(物事を理解する、暗記する)とは異なる部分が多いのです。

研究テーマが合っていなかった

本来的には研究に打ち込めるタイプだけど、研究テーマが自分と合っておらず、興味が持てないというパターンもあります。

 

一口に理系といっても、

数学、化学、物理、生物、機械、電気、情報、医学、薬学・・・

など様々な分野があり、さらに、その分野の中でも細分化されます。(例えば、化学の中でも、有機化学、無機化学、高分子化学、生物分子化学のように色んなジャンルがあります)

 

なので、数多くの技術分野の中で、自分が本当に興味が持てる研究テーマに巡り合うことは、実は意外と難しいです。

本当に研究分野に興味関心が無いと、研究者としてはなかなか続きません。

理系の地味さに嫌気がさした

就職して、理系の地味さにげんなりする人もいます。

 

研究者や開発者として企業に就職した場合、研究所や工場などに勤務することになります。

そして、ほとんどの場合、研究所や工場は地方(それも人里離れた山奥)にあります。

例えば、東海道新幹線に乗って車窓を眺めていると、新横浜から名古屋間の辺鄙なところにでっかい研究所がいくつも見えると思います(笑)

 

そんな地方に住むことになるので、周りに娯楽が少なく、異性との出会いもなくで、仕事が嫌になる人もいるでしょう。

一方で、文系の人は、東京や大阪などの大都市で働いていて、キラキラして見える、というのはありますね。

【私の体験】理系から文系就職に方向転換

自画像のイメージ

では、理系だけど研究に向いてない人はどうすればよいのでしょうか?

例えば、就職前の学生であれば、専攻とは関係ない企業や職種に就くことも可能です。

ご参考までに、理系専攻から文系就職した私の体験談を書いてみたいと思います。

研究に対してそれほど興味が持てないことに気付く

私は、大学院の進学の際に、創薬化学(薬の原料となる化合物を合成する)系の研究室を選択しました。

 

しかし、研究室に入って間もなく、「自分はそれほど研究に興味がないんだな」というのを実感することになります。

 

指導教官やまわりのドクターの人を見ても、研究対象への興味や研究への打ち込み具合が並外れていました。

昼夜問わず、化学反応をセットし、合間に科学論文を読み、反応の結果が出たら諸々の分析をやって、それを研究ノートに書き込み・・・。

まあ、研究者として生きていくんなら上記は当たり前のことではありますが、

とてもではないが、自分はそこまで研究に打ち込めない・・・。

自分は研究者に向いていないなと痛感しました・・・。

 

というわけで、修士課程に入ってわりとすぐの段階で、

少なくともドクターに進むのはやめよう

と決意しました。

結局は文系就職をする

ドクターに進むのは早々に諦めたので、修士1年から就職活動を始めることに。

私がいた研究室の先輩の進路は、大学に残ってドクターに進むか、さもなくば就活をして製薬会社の研究員になるか、のどちらかでした。

 

そんなわけで、自分は研究には向いてないと薄々感じつつも、

創薬系の専攻だし、周りに合わせて無難に製薬企業に入っておくか

という打算的な考えから、製薬企業の研究職から就活を始めました。

 

しかし、こんな考えが災いしてか、製薬企業は軒並み落ちてしまい、1つも内定を得られないまま、修士2年の春を迎えてしまいました・・・。

結局は、紆余曲折を経て、専攻とはかなり遠い、製造メーカーの知的財産の仕事に就くことになりました。

(このあたりの経緯はこちらの記事に詳しいです)

 

というわけで、私は理系にも係わらず、いわゆる文系就職をしたことになりますね。

ただ、就職してから10年くらい経ちますが、今でも知財の仕事はそれなりに気に入っているので、当時の選択は悪くなかったなと思っています。

理系でも研究職以外の道はある

理系の道のイメージ

というわけで、理系だけど文系就職した、という私の体験談でした。

このように、「研究に向いてない・・・」と感じている理系の方でも、様々な道があります。

ヒントをいくつかご紹介したいと思います!

文系就職する

まず、文系就職をする(研究や開発以外の仕事に就く)という選択肢です。

学生や第二新卒など若い人であれば、理系であっても文系の仕事に方向転換することは比較的容易です。

 

大学の専攻とは関係ないところで就職するにしても、できるだけ理系としての強みを活かしたいところです。

理系であれば、専門分野は違えど、理系としての強みはある程度共通しています。

そして、世間では文系的な仕事と認知されていても、理系的な強みが活かせる就職先というのも存在します。

理系の専攻外での就職先については、下記の記事で詳しく書いています。

左遷されるイメージ理系の就職先で専攻外はあり?|強みが生かせる仕事4選

 

その中でも、理系の知識を活かせるものとして、知財(弁理士)の仕事がありますね。

上で紹介したように、私も知財の仕事に就きました。

実は、元研究者の方が弁理士を目指すというのは、意外とよくあるパターンなのです。

弁理士の仕事が理系と親和性が高い理由については以下の記事で詳しく書いています。

研究員のイメージ弁理士は理系出身者が8割なのはなぜ?【大学生の僕が目指した理由】

技術者として異業種に転職

一方で、技術者として異業種に転職・就職するという手もあります。

特に、すでに社会人でエンジニアとして一定のキャリアを積んでいる人であれば、こちらがおすすめです。

 

企業の中には、一見その企業とは関係ない分野の研究者を採用することが結構あります。

例えば、

IT企業が新規事業のために、製造メーカーや製薬企業など異業種の研究者を採用する

というかんじです。

 

現職の分野では研究者としてイマイチでも、異業種に移ることでその才能が花開く、という可能性も十分にあります。

 

こういった、「異業種だけど、実は自分の専門性が活かせる」という求人を見つけるには、転職エージェントの利用が不可欠です。

しかし、一般的な転職エージェント(多くは文系出身)だと、技術的な専門分野の違いをあまり理解しておらず、その結果、適切な求人を紹介されないというケースもあります。

そのため、転職活動の際には、理系の転職に特化したエージェントを選びたいところです。

 

理系特化の転職エージェントには、製造業に強いところやIT系に特化したところなど、いくつか種類があります。

例えば、下記のようなエージェントが挙げられるので、ご自身の専門性に併せて選ぶと良いでしょう。

理系特化エージェントおすすめ

 

理系の転職エージェントのおすすめは下記の記事で詳しく書いていますので、併せてご参考に!

研究職のイメージ理系向けの転職エージェントおすすめ|エンジニア特化もあり



まとめ

というわけで、理系だけど研究職に向いていなかった人について、色々と書いてきました。

「研究に向いてない・・・」と感じている理系の方でも、背景に様々な理由があります。

それと同時に、その人に合った道があると考えます。

 

ご参考になれば幸いです!

理系特化の転職エージェント